【車買取り】車を高額で売る方法!4つのポイントを抑えよう

乗らなくなったくるまや車の買い替えを検討するときに、今乗っている愛車を高く買い取りしてもらえれば、次の愛車の購入資金にもなります。また、売った資金を他の面に使うこともできます。くるまを売却する時には、走行距離の確認や、手入れを行う事で買取価格は変わります。買取業者によっても値段は多少違ってきますので、業者の決め方も重要です。くるまを買い取ってもらうことは、人生のうちに何度もあることではないので、慎重に高値で自動車が売却できる方法を検討しましょう。



自動車を高額でで売却する手段とは?

走行距離はクルマを売る時に大事なチェックポイントで、車の買取価格は約5万km前後で大きく変わってきます。買取業者が、走行距離5万kmを買取の基準にして買取価格を決定している為です。また、年数が経っているのに距離が短すぎても査定額がマイナスになることがあります。クルマというのは、多少走行していないと壊れやすく、走っていない状態が続くと走行不良を起こす為です。走行距離が短くても、年数が経っているクルマは買取業者がマイナス要因と判断して減額されます。反対に走り過ぎていて10万kmを超えていると、過走行と査定されてしまいます。10万kmを超えると愛車に様々な不具合が出てくるので買取価格もかなり変わってきます。ですので、10万km以内に愛車を売ると良いでしょう。売却の目安としては、1年間の走行距離がおよそ1万km前後で、型式に釣り合う走行距離のくるまが高くで買取されます。



キレイにしている?手入れの重要性

クルマ買取は手入れを常時していれば、日常的ににメンテナンスをしていない車よりも買取価格が上がります。1番簡単な手入れ部分は車体です。全く洗車をしていない車だと汚れが取れずに買取業者が減額ポイントだと判断して減額されます。また、エンジンオイルをこまめに交換していないとエンジン内がドロドロになり、エンジンをかけた時の異音に繋がり減額のポイントになります。エンジンは自動車にとって一番大事な部分なので、エンジンオイルを決められた期限内に入れ替えて手入れすることで、査定の時にマイナス査定される事が少なくなります。買取業者は、買い取ったクルマを整備して販売するので、整備やメンテナンス費用が買い取った後に高くつく車は、査定の際に減額されます。日常の手入れをしっかりとすることでマイナス査定が少なく、高価買取に繋がります。



売却先は決めている?1つの買取業者に絞らない方が良い

クルマを売却するときには1つのところだけに査定を依頼するのではなく、複数の買取業者に査定をお願いと良いです。買取業者は、買取の際にチェックしているポイントが異なるので買取価格に差が出てきます。また、出張買取をしている業者が多いので、何社かの買取業者を同じ日にちの同時刻に査定を依頼すると良いです。同時にいくつかの買取業者に依頼する事で、時間効率が良く手間が省けます。また、人気の車種などは仕入れたい業者が多いので、他の業者より高い値段を提示してくれて高額で売却することができます。



値段だけに惑わされるな!信用できる会社に売却しよう!

愛車はとても高価なものです。くるま買取においても詐欺は存在します。全く無名の会社で、価格が普通の査定じゃありえない金額で提示された時は気を付けてください。高額の査定がついて愛車を引き渡したのに、いつまで経ってもお金が振り込まれないという詐欺被害にあう可能性があるからです。なので、自動車を売る時には取引実績が豊富で、名前を知っている有名な大企業や中小企業に買取依頼すると、詐欺にあう危険性をかなり減らすことができます。



クルマを高くで売却する方法を抑えて車買取してもらおう

以上のような事を考慮して、自動車の売却方法や売却先を選択すると良いでしょう。誰もがくるまを売る際は、少しでも高く売りたいと思っています。なので、クルマを売却するタイミングや日頃からのクルマの手入れ、車の走行距離などの高価買取につながるポイントを押さえておけば、買取の際に有利に商談を進めることができて、高い買取価格にも繋がります。しかし、買取価格も大事ですが、信用できる買取業者に依頼するというのがクルマ買取において最も大事な事です。リスクヘッジをしっかりして、納得のいく買取業者を見つけましょう。